ソニックガーデン代表 倉貫義人のサイト

在宅勤務でも仲間と顔を合わせて働きたい 〜 「物理出社」から「論理出社」へ

在宅勤務のメリットは、通勤にかかる時間とストレスの軽減や、居住地に縛られずに勤務先を選べることなどがありますが、一方で、孤独感であったり、新しいアイデアを生み出すことができない、というような批判も目にします。 この記事では、私たちがやってきたリモートワークの経験から、在宅勤務で起こりうるとされる問題の考察と、在宅勤務であってもチームの仲間と共に顔を合わせて意見交換し、ワイワイガヤガヤと働くためのポイントを書きました。 「Face to Face」が意思の疎通にはベストな手段である 在宅勤務をしていると「Face to Face」で話をする機会がないため、やっぱりオフィスで働く方が良いという意見 […]

ホラクラシーはスケールできるのか 〜 小さな会社から自律型の会社へ

私たちの会社、ソニックガーデンでは「管理のない会社経営」として、セルフマネジメントができる人材で構成されたフラットなチームの在り方を模索してきました。これは最近だと「ホラクラシー」と呼ばれる経営スタイルに近いものです。 そして今、これまで信頼関係やカルチャーを維持する手段として使ってきた「小さな会社」という表現を見直そうと考えています。かといって大きな会社を目指そうというわけでもありません。 この記事では私たちの考えている組織のあり方について書きました。 自分たちがやってみせて世の中にやれることを実証していく 「小さい会社」であることを重視していると言えば、どれ位の人数のことかとよく聞かれます […]

ワーク+バケーション=ワーケーションの実験 〜 八丈島を満喫しながら仕事をやってみた

私は今、この原稿を八丈島で書いています。八丈島は、東京から飛行機で45分ほどで行ける島で、離れてはいますが東京都の一部です。といっても温泉やマリンスポーツで有名なリゾートです。 そんなリゾートを訪れながらも仕事をするようなスタイルを最近は「ワーケーション」と呼ぶそうです。この記事では、試しにワーケーションを実践してみてわかったことについて書きました。 ワーケーションという新しいワークスタイルの登場 ワーケーションはまだ新しい概念、新しい言葉です。これは「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、リゾートなどにバケーションにいきながらも、そこで仕事をするという新しいワークスタイルのことです […]