新しい技術に取り組むときに初心者のように時間がかかるのは仕方がない。だからといって新しい技術を取り入れていかない会社に未来はない。少しずつ定期的に新しい技術に取り組み続ける仕組みと、生産性が一旦落ちても大丈夫なゆとりが必要だ。

2016年07月11日