思索に耽ることが趣味のようなものだ。そこから零れ落ちた言葉がSNSやブログになる。ときに、シニカルな言葉、過激な思想、突飛すぎるアイデアなど、思いつくこともある。ただ、そのまま出すと問題になりそうでお蔵入りする。それらは小説のようなフィクションの中で表現すれば良いのかもしれない。

2016年09月05日