倉貫義人の思考メモ

パーマリンク

理想とする品質と生産性を担保するためには、仕事を受け過ぎないということも考えます。急激な成長も目指してないし、無理な売上目標がある訳ではないので、満足頂けるだけの数にセーブすべきだとも考えてます。スケールが小さいんです。