倉貫義人の思考メモ

良いコードとは何かを語りあったり、お互いにコードレビューをしてくれるような仲間のいる環境を作ること、DRYでなかったり読みにくいコードを書いたら恥ずかしいと思う文化を作ることが出来たら、アジャイルなんて言わなくても、保守性の高いソフトウェアは作れる。