倉貫義人の思考メモ

クラフトマンシップについて考えている。クラフトマンによるクラフトマンが中心の会社とは、どんな姿をしているのか。人間中心の労働をするソフトウェアエンジニアもしくはプログラマは、クラフトマンであるのが生きる道ではないだろうか。