創作活動をしている限りは、共感も反感もありえる。そこで知りもしない人からの批判を気にして卑屈になるよりも、真意を理解して応援してくれる人たちがいることを信じて、次の創作に取り掛かろう。そうして前に進まないと自分に共感して応援してくれる人たちまでも否定することになってしまうからね。

2016年07月11日