どんな企業でも多かれ少なかれ、既存事業や既存顧客とは違う新しい領域に取り組まなければ、何もしなければ今のコストを下げれたとしても数年後に苦しむことになる。その時、自分たちを何屋だと定義するかで、どのスキルを磨いて、どんな新規事業に取り組んでいくかが変わる。

2016年07月11日