倉貫義人の思考メモ

指摘に慣れるまでは、時間をおいてみる

パーマリンク

私たちの会社には、コードレビューの文化があって、品質を高めるためにも、必ず同僚同士によるレビューが入るようにしている。


コードレビューでの指摘に慣れないうちは、レビューされる度にウッとなる。コードへの指摘だとわかっていても、自分にダメージがくる。

指摘している側は、なにも他意はなく、純粋に良いコードにするために必要な指摘をしているだけなので、ダメージを感じるのは受け手の話。


こうした感覚は慣れてくるものだとわかってはいても、慣れるまではツラい人もいるだろうし、それでレビューを避けるようになっては本末転倒。

その抵抗感への対処のアドバイスは、作ってからレビューを受けるまでに時間をおくことだ。作ってすぐは、まるで自分ごとになってしまう。


なんであれ創作物は、作ってすぐは、自分から切り離されていない。作品=自分になってしまうけれど、時間が経てば冷静に客観視できる。

コード以外でも、私の経験だと、書籍の原稿なども書いてすぐに、編集の方からのチェックが入るとめげてしまうことも多い。


少しでも時間を置くことで、自分から切り離すことが出来れば、直していくのも前向きに取り組むことができるはず。とてもシンプルだけど効果的。