どんな方法論も、最初は知って試してみる時期があり、自分の現場でうまくいかないことにヘコみ、それを一旦は忘れて、自分の頭で問題の本質から考えるようになって、そうして少しずつ理想に近づいていくうちに、そのうちに外からは、その方法論を実践しているように見えるようになる。それが守破離か。

2016年07月11日