いざ、誰かの考えた技術を説明するような技術書ではない、自分の本を書くとなったら、書くことはすべて自分から出てくる考えや思想を書かねばならなくて、こればかりは誰かに頼るものではなくて、そのためには自分自身とじっくり向き合う時間が必要だと感じる。本を書ける人はすごい。改めて尊敬する。

2016年07月11日