機能として出来ることは少ない量でいいから速い段階で世の中に出すか、沢山の機能をしっかり揃える代わりにそれなりに時間がかかっても良いとするか、そのどちらかの選択ならばわかる。沢山の機能を速く作りたいと言うかもしれないが、そもそもそんな選択肢はない。小さく速く、か、大きく遅く、のみ。

2016年07月11日