一緒にお仕事させて頂いているうちに、お客様とパートナーさんと、同じ一つのチームとして一体感もってやらせて頂いている感じになると、本当に嬉しくなる。どちらが偉いとか、使うとか使われるとかではなく、お互いに足りないところを助け合うというリスペクトしあえる関係で貢献できることが嬉しい。

2016年07月11日