自分や自社の「強み」とは何か。それまで蓄積してきた経験値に他ならない。強みの尺度は、かけた時間に比例する。強みを活かしつつ、さらに強みを高めるような仕事をすることで、また強みを活かした次の仕事が出来るはず。強みを伸ばすための努力を続けていける人が専門家でプロということなのだろう。

2016年07月11日