tweet

思考メモ

ビジョンも信念もなく働くことは楽かもしれないが、ビジョンも信念もなく働き続けることなどできない。

tweet

思考メモ

現状を嘆くだけの人は、出来ない言い訳を考えるのが上手。何を伝えても届かない。何も世界を変える必要なんてない。高々、自分ひとりの生き方を変えるだけなのに。うん、わかってる。君の次の言葉は、「そうは言っても・・・」だろう?それじゃ嘆くしかないよね。それが君の現実なんだろうね。

tweet

思考メモ

本当にアジャイル開発をしようと考えているなら、顧客側に、開発すべき量/作り込み度/機能を、10分の1にする覚悟があるか、SIerは、売り上げ額が10分の1になっても良い覚悟があるか、そこを問いたい。

tweet

思考メモ

アジャイルのボトルネック。逆に考えると、発注側のとれる工数が、ソフトウェア開発の限界点で、それ以上の速度での開発は、事実上不可能なのではないか。そこがプロジェクト成功の境界。

tweet

思考メモ

アジャイルのボトルネック。アジャイルに限らず、今までのソフトウェア開発でも、まとめて要件定義や検収テストをしているだけで、結局、同じくらいの工数がかかっていたのではないか。要件定義の前のビジネスや業務検討のフェーズを含めれば。

tweet

思考メモ

アジャイルのボトルネック。『ソフトウエア開発においては、開発側が消費する工数と、発注側が消費する工数を同等にするべきである』こんな法則があるのではないだろうか。

tweet

思考メモ

アジャイルを実践するときのボトルネックは、発注側の速度。何故、受注側だけが、数ヶ月で何十人月も投与できると考えるのか?それは実際は無理がある。

tweet

思考メモ

アジャイルは、改善を日常にしていく取組みのこと、だと思う。日常にするためには、身軽でなければならない。

tweet

思考メモ

人生を楽しむには、仕事を楽しめないといけない。ワークライフバランス?ワークはライフの一部だと思う。大昔からそうだったはずなのに。

tweet

思考メモ

人の力を信じるのは、まずありき。でも、人さえしっかりしてれば、道具は何でもいい!という訳じゃなくて、常により良い道具を使いたいと考える心が、アジャイルなんじゃないのだろうか。ならばこそ、より良いソフトウェアを使うことを、偏重し重視することは、あながち間違いではない、かと。

tweet

思考メモ

ユーザのニーズを汲むことは非常に重要ですが、使ってもいない状態での「ユーザになるかもしれない人々」の意見を汲みすぎることは、本質から外れてしまう可能性があり、危険です。ユーザは、あくまで「使っている」からこそ、ユーザとしての意見が出せるのです。

ページ上部へ