仕事用のパソコンを会社で支給するのでなく、住宅手当のように負担金を手当てとして出すことで、好きなタイミングに好きな機種を、自己負担入れて良いモノにしたりして、購入出来るようにする。会社としても資産管理のコストが減る。

2011年01月26日