言葉を選んで、なるべく上手な文章に、と推敲して考え抜いたとしても、結局は、今の自分が出せる以上のものは出せないことに気づき、時間も限られているので、なるべく飾り立てず今書ける素直な文章を書くようになる。執筆は何度やっても、このプロセスを経てる。最初から素直に書けばいいのにね。

2010年08月21日