『「納品」をなくせばうまくいく』が増刷されました。読者の皆さま、本当にありがとうございます。多くの皆さまに読んで頂いて、本当に嬉しく思います。そして、お待ち頂いていた電子書籍での提供もようやく始まりました。電子書籍版は少しお安くなっています。

kindle版はこちら 楽天kobo版はこちら

謝辞

私自身は執筆が本業ではないので、書籍そのものが売れることも勿論嬉しいのは嬉しいですが、それよりも、より多くの方に私の考えや思いが伝わっていくことの実感を持つことができて本当に嬉しいです。

本書を通じて、より多くの人たちと一緒になってソフトウェア業界の課題を共有し、より良い方向に変えていくためのきっかけになればと思って執筆しました。本書に書いたような「納品をなくす」というアプローチだけがすべての正解だなんて思っていません。本書は多くの人にとっての考えるヒントになることが狙いです。

だからこそ、多くの方に読んで頂いて議論してもらうことが大事で、その目安としての増刷ということで、嬉しく思います。本当にありがとうございます。

そして、少しホッとしています。まったくの鳴かず飛ばずだったらどうしよう、出版社の方にも迷惑をかけることになるな、と心配していたのです。出版業界の仕組みはいずれ別の記事で詳しく書きたいと思いますが、書店はノーリスクで返品する権利があるそうで、売れない本は発売すぐに返品がかかる、なんて怖い話も聞いていました。そうなると、本を出させて頂いた出版社に迷惑がかかってしまいます。

今回の書籍の出版は、私にとっても、出版社である日本実業出版社さんにとってもチャレンジだったと思います。私のことは多少は業界の中で知られているとはいえ、本の著者としては無名の新人です。特にビジネス書を得意とする日本実業出版社さんからすると、無名も無名です。そんな中で期待に応えることが出来て安心しました。それもすべては、本書を手に取って頂いた読者の皆さま、加えて、感想をブログやFacebookなどを通じてシェアして頂いた皆さまのおかげです。そして、販促をして頂いている出版社の皆さまのおかげでもあります。

この場を借りて、読者の皆さま、関係者の皆さまへお礼を申し上げます。

これからも、より多くの方に届いていくことで、ソフトウェアの業界を変えるきっかけとなればと思いますので、引き続き応援のほど、よろしくお願いします。(そして、ぜひ応援の気持ちで、このFacebookページに「いいね」して頂けたら嬉しいです。→「納品」をなくせばうまくいく(倉貫義人著 日本実業出版社刊)のページ

インターネットでの反響

本のFacebookページでも順次紹介させて頂いていますが、ブログなどで書評や感想を書いて頂いていますので、今時点でこちらにもまとめておきます。(漏れていたら追記しますのでメッセージください。)

チェンジビジョンの平鍋さんにはビデオインタビューして頂きました。