倉貫義人の思考メモ

SCROLL

「調理場という戦場」を読んで

とあるきっかけがあり、20年前に読んだ本「調理場という戦場」を引っ張り出して再読。やはり良い本だった。

当時は20代の後半で、少し仕事はできるようになった一方で、会社員として働いて、将来どうなるのか、どうしたいのかもわからずにいた頃に読んで、とても勇気づけられたことを思い出した。

自分の思いに真っ直ぐ、小賢しくならず、だけど愚鈍にもならず、自分の頭で考えて、だけど先達からは素直に学ぶ。そうして、ひたすら技術に向き合うことで、辿り着く先があることを知った。

その頃は仕事そのものが楽しかった記憶はなく、仕事で何かを達成したり、できることが増えることに楽しく感じることはあったけれど、それよりも、もっとできるようになることに必死だった。

料理とプログラミングに違いはあるけれど、技術に向き合う仕事人の姿勢には、なんら違うところはないと思う。どんな職業も、まずは技術に没頭し、突き詰めるところから。それが共通点かも。

プログラミングやソフトウェア開発の技術とプロセスにこだわりぬくことは、私たちにとっては大事にしていきたいことだし、そこに共感する人たちと働きたいのだ、と再認識することができた。

改めて読んでみて、当時とは少し違う視点で感じる部分もあるのは、この著者の方の立場や年齢に近づいているからだろうか。今の自分には、若い人たちに伝えられる言葉は持っているだろうか。

それは私なりに伝えていきたいし、今うちで働く若い人たちにとって、ここは厳しいけれど人生にとって得られるものが大きかったと後になって思える場を作っていければ、経営者として本望だ。

若い人たちに教えると同時に、私自身にも学びがあり、刺激をもらえて、まだまだ真摯に向き合える仕事があることに喜びを感じる。社員の誰もが、そんな風に思えるような会社にしていきたい。

いつか、こういう本が書けるようになりたいな。

特集・連載

連載:ソニックガーデンストーリー 10年分のふりかえり

連載:ソニックガーデンストーリー 10年分のふりかえり

納品のない受託開発、フルリモート勤務、管理しない組織など、“斬新なビジネスモデル”や“先進的な働き方”を実践する会社として度々注目を集めるソニックガーデン。そんなソニックガーデンの10年の歩みを、ライターの長瀬光弘が十数人のメンバーへの取材をもとにまとめました。

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×野上 誠司

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×野上 誠司

プログラマとしての経験を重ねた先は、管理職もしくは独立といった選択肢がほとんどで、プログラマとして腕を磨き続けることが難しい環境です。「会社に所属しながら、ずっとプログラマを続けられる」第三の道を選んだ方々に、その先に見える景色を語っていただきました。

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×伊藤淳一

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×伊藤淳一

プログラマとしての経験を重ねた先は、管理職もしくは独立といった選択肢がほとんどで、プログラマとして腕を磨き続けることが難しい環境です。「会社に所属しながら、ずっとプログラマを続けられる」第三の道を選んだ方々に、その先に見える景色を語っていただきました。

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×遠藤大介

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×遠藤大介

プログラマとしての経験を重ねた先は、管理職もしくは独立といった選択肢がほとんどで、プログラマとして腕を磨き続けることが難しい環境です。「会社に所属しながら、ずっとプログラマを続けられる」第三の道を選んだ方々に、その先に見える景色を語っていただきました。

連載:新しい働き方を実現する「業務ハック」(JBpressでの連載記事まとめ)

連載:新しい働き方を実現する「業務ハック」(JBpressでの連載記事まとめ)

業務の流れや仕事の仕方を見直して生産性を改善すれば、おのずと働き方も変わります。「業務改善」こそが「働き方改革」を実現するのです。本連載では、新しい働き方を実現するための、最新の業務改善の方法を紹介します。

連載:遊ぶように働く〜管理職のいない組織の作りかた(Findersでの連載まとめ)

連載:遊ぶように働く〜管理職のいない組織の作りかた(Findersでの連載まとめ)

「リモートワークだと、社員の様子が見えなくて管理が大変ですよね?」と聞かれますが、そんなことはありません。なぜなら私たちの会社では、管理職がいて社員を働かせるのではなく、全員がセルフマネジメントで自主的に働いているからです。本連載では、その仕組みを解き明かしていきます。

講演資料

ソニックガーデンの会社紹介(2022年3月版)

経営組織論〜ソニックガーデンの場合

テレワークでの人材育成

チームビルディングを成功させるのは「ザッソウ」

「管理ゼロで成果はあがる」講演資料(ダイジェスト)

経営者が新規事業を失敗させてしまう7つの罠

倉貫義人の著作紹介

ページ上部へ