倉貫義人の思考メモ

SCROLL

ソース原理で分析するソニックガーデン

ゆっくり読んでたソース原理の本、やっと読み終えた。面白かった。会社の創業者として、とても納得感があり、これまでのことが色々と言語化された感じで良かった。ソニックガーデンでやってきたことが、このコンセプトで説明できるかもしれない。

ソースであることと、組織における役割は別。これまで一般的な社長の仕事をしてる感じではなかったから、少し引け目を感じることがあったけれど、ソニックガーデンのソースであることは自信を持っていえる。もはや肩書きなど社長じゃなくて良い。

会社というよりもクリエイティブフィールド。ソフトウェア開発の作品みたいに会社を作ってきたけど、その感覚と合ってた。論理社員みたいな物理的な契約に縛られない関係を作ってきたし、明確なミッションがないことにも、悩む必要がなくなった。

ティール組織で取り上げられたときも、フラットなのにリーダーとして存在することにも居心地の悪さを感じていた。実際のところ権限がある訳ではないけれどソースとしてのオーソリティはあったのは、クリエイティブヒエラルキーで説明がつきそう。

管理ゼロのマネジメントも、セルフマネジメントできる人たちで構成されているからと説明してきたけれど、それだけではフリーランス集団と誤解されがちだった。それに加えて、全員がサブソースだったことが大きな要因だったと今なら説明できそう。

そして、全員が業務従事者でなくサブソースであるために、入社のプロセスをソースである私自身が関わって、半年から数年も時間をかけたのはビジョンや価値観に共鳴してもらって、サブソースとなってもらうために必要なプロセスだったのだと思う。

最近だと、若い人たちを採用しているのは、まずは業務従事者として入ってもらい、プログラミングやセルフマネジメントを身につけてもらいながら、いずれサブソースになってもらえることを期待して、価値観や哲学など時間をかけて伝えていってる。

ただ会社を大きくすることよりも、アジャイルやソフトウェアの文化を守り伝えていくことの方が私たちにとって大事なことだと考えていたけれど、それは経営者としてどうなのかと思っていたけれど、やっぱそのスタンスで良いのかもしれんと思えた。

私がソニックガーデンという活動のソースであることは、原作者って感じがする。原作者だけでは表現しきれない部分を、サブソースの仲間たちと、業務従事者の皆さんの力を借りて、一緒に創作活動をしている感じ。なんとなく自分なりに整理できた。

会社の枠を越えた活動のソースであり原作者であるなら、会社の経営ばかりに時間を使い過ぎずに、こうして考えを言語化したりして、発信したり残したりすることをもっとしていきたいな。

すべては1人から始まる――ビッグアイデアに向かって人と組織が動き出す「ソース原理」の力

特集・連載

連載:ソニックガーデンストーリー 10年分のふりかえり

連載:ソニックガーデンストーリー 10年分のふりかえり

納品のない受託開発、フルリモート勤務、管理しない組織など、“斬新なビジネスモデル”や“先進的な働き方”を実践する会社として度々注目を集めるソニックガーデン。そんなソニックガーデンの10年の歩みを、ライターの長瀬光弘が十数人のメンバーへの取材をもとにまとめました。

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×野上 誠司

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×野上 誠司

プログラマとしての経験を重ねた先は、管理職もしくは独立といった選択肢がほとんどで、プログラマとして腕を磨き続けることが難しい環境です。「会社に所属しながら、ずっとプログラマを続けられる」第三の道を選んだ方々に、その先に見える景色を語っていただきました。

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×伊藤淳一

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×伊藤淳一

プログラマとしての経験を重ねた先は、管理職もしくは独立といった選択肢がほとんどで、プログラマとして腕を磨き続けることが難しい環境です。「会社に所属しながら、ずっとプログラマを続けられる」第三の道を選んだ方々に、その先に見える景色を語っていただきました。

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×遠藤大介

プログラマとしての第三の道 倉貫義人×遠藤大介

プログラマとしての経験を重ねた先は、管理職もしくは独立といった選択肢がほとんどで、プログラマとして腕を磨き続けることが難しい環境です。「会社に所属しながら、ずっとプログラマを続けられる」第三の道を選んだ方々に、その先に見える景色を語っていただきました。

連載:新しい働き方を実現する「業務ハック」(JBpressでの連載記事まとめ)

連載:新しい働き方を実現する「業務ハック」(JBpressでの連載記事まとめ)

業務の流れや仕事の仕方を見直して生産性を改善すれば、おのずと働き方も変わります。「業務改善」こそが「働き方改革」を実現するのです。本連載では、新しい働き方を実現するための、最新の業務改善の方法を紹介します。

連載:遊ぶように働く〜管理職のいない組織の作りかた(Findersでの連載まとめ)

連載:遊ぶように働く〜管理職のいない組織の作りかた(Findersでの連載まとめ)

「リモートワークだと、社員の様子が見えなくて管理が大変ですよね?」と聞かれますが、そんなことはありません。なぜなら私たちの会社では、管理職がいて社員を働かせるのではなく、全員がセルフマネジメントで自主的に働いているからです。本連載では、その仕組みを解き明かしていきます。

講演資料

ソニックガーデンの会社紹介(2022年3月版)

経営組織論〜ソニックガーデンの場合

テレワークでの人材育成

チームビルディングを成功させるのは「ザッソウ」

「管理ゼロで成果はあがる」講演資料(ダイジェスト)

経営者が新規事業を失敗させてしまう7つの罠

倉貫義人の著作紹介

ページ上部へ