ソニックガーデン代表 倉貫義人のサイト

ソフトウェア開発の本質と、AIがプログラムを書く時代のプログラマの存在価値は

今、世界で起きていることをインターネット黎明期のブラウザをつくったマークアンドリーセンという人がこう言ってます。 Software is eating the World. この言葉は様々な業界において、ソフトウェアを前提としたビジネスによって従来の企業が取って代わられつつある現状を表しています。日本で言えば、メディアがこぞってDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉で危機感を煽ったりしていますが、後付けでソフトウェアを考えていてはうまくいかないように思います。ビジネスとソフトウェアは不可分になりつつあります。 これから重要度を増すソフトウェアについて本稿では、ソフトウェア開発の本質 […]

これからの時代を生き抜く3つの思考力の鍛え方 〜 プログラミング教育の必修化にむけて

2020年度には小学校でプログラミング教育が必修化されるようだ。その是非について多くの意見があるが、少なくとも早めに自分の素質の向き不向きがわかることは良いことではないか、と思っている。私がプログラミングを始めたのも小学生だった。 それに、プログラミングを学ぶことは、ただプログラムを書くことができるようになるだけでなく、きちんと修得のプロセスを踏みさえすれば、様々な思考法や考える力を身につけることができる。(暗記型の授業形式ではダメだが) プログラミング経験者として、プログラミングを通じて鍛えられたことで社会の様々な場面で役に立った力について、なるべく一般的な言葉を使って書いてみよう。 抽象化 […]

プログラミング経験がない経営者のためのソフトウェア開発 11の事実

今やどんなビジネスでもITが関係している。ITを支えているのはソフトウェアだ。あらゆるものがソフトウェアで実現される時代になった。そんな事業や生活に密接に関わるソフトウェアだが、その開発について知られていないことも多い。 とくに経営者がプログラミング経験がないことで、ソフトウェア開発のリーダーシップをとるときに的外れなマネジメントをしてしまうことがある。あまねく経営者がプログラミング経験があれば良いのかもしれないが、それは現実的ではない。 プログラミング経験がなくても、せめてソフトウェア開発の特性について知っておくと良さそうなこともあると思い、なるべく専門用語を使わずに本稿を書いた。 プログラ […]

新しい技術の採用をどうやって決めているのか(とりわけフラットな組織において)

先日、採用に関してメールで質問を頂いた。質問の内容は、新しい技術要素が出てきているが、ソニックガーデンが会社として技術の採用はどう考えているのか?という、技術的な切り口だったので、その回答を社内で意見を集めることにした。 技術的なトピックについて、このブログではあまり取り上げていないのだが、ソニックガーデンのメンバたちがどう考えているか生の声がわかると思うので、頂いた質問と私の回答を、本人の了承を得て、一部抜粋した形でこちらにも掲載しよう。 ホラクラシーのような指示命令や管理統制のない組織での技術戦略について興味のある方、ソニックガーデンに応募しようと考えている方にとって参考になれば幸いだ。 […]

プログラミングの初心者を抜け出すための習慣

約1年前に、プログラミング初心者に向けた、こんな記事を書いた。 これからプログラミングを学ぼうとする君へ 記事にある初学者はどうなったのか。ターミナルから学習と経験を始めて、プログラミングの基本を身に付けて、徐々にユーザインタフェースのリッチな環境に移行して、一人でウェブアプリやAndroidアプリをある程度まで作れるようになった。 短期間で即戦力になるような育て方をしていないので実力は足りないが、これから先も自分で考えてプログラミングを学んでいける土台は作れたのではないか、と思っている。それが証明されるのは、まだ先のことだが、継続すれば力になるだろう。 * * * 少しプログラミングが出来る […]

プログラミングを仕事にする前に出来ること

先日、採用に関して、プログラミングを仕事にしたいという方からの問い合わせを受けた。採用の問い合わせについては、社長である私が第一報を返している。今回受けた相談への回答は、他の方にも参考になるのではないかと思い、本人の了承を得た上で、そのまま公開させてもらうことにした。 プログラミングをはじめて楽しくなったので仕事にしたいと思っている方や、これからの時代を生き残るにはプログラマだと考えて仕事にしたいと思っている方など、本気でプログラミングを仕事にしたいと思っている方にとって参考になれば幸いだ。 プログラマ採用に関する質問 現在建築会社で働いているのですが、IT関連の情報をニュースやネットで見かけ […]

プログラミングの経験は役に立つ 〜 論理的思考と抽象化思考の応用

プログラミングには、論理的に考える力と抽象化して本質を捉える力が求められる。これらは、なにもプログラミングに限らず、あらゆる仕事の場面で役に立つ。むしろナレッジワーカーにとっては基礎力といっても良いのではないだろうか。 本記事では、新米のナレッジワーカーが最初に身につけておくと良い論理的思考と抽象化思考について、プログラミングで鍛えられることについて考察した。 ビジネスの共通言語としての論理的思考 仕事をしていても、なんとなく考えたことは自信を持つことができない。だから、なんとなく説明しても伝わらない。そして、なんとなく実行したら、成功しても失敗しても、なんとなくしかわからない。なんとなくでは […]

コピペするプログラマに足りないもの 〜 プログラミング脳の鍛え方

長くなったので先に三行でまとめておこう。 コピペするプログラマが生まれるのは教育の問題ではないか(仮説) 文法は学んでも処理の流れから考えることは教わっていない(根拠) ロジックを訓練するには脳内プログラミングが良いのでは?(提案) 少し前に私のMediumで、こんな記事を書いた。タイトルが言葉足らずだったおかげで、少し話題になった。「量産型プログラマを撲滅したい」 今回の記事では、この中で書いたコピペするプログラマがなぜ生まれるのか、どうすれば良いのか、考えてみたい。 どうすれば見分けられるのか 書いたプログラムを説明させてみれば、その人が、ちゃんと考えて作れる人か、コピペでしか作れない人か […]

これからプログラミングを学ぼうとする君へ

今や、あらゆる場面においてソフトウェアが重要になってきた社会の中で、プログラミングを学ぼうと考える人も多いだろう。プログラミングを身につける方法は、インターネットにはたくさん情報があるし、本も多くある。開発環境も無料で使える。独学したい人には良い時代になった。始めるのは、とても簡単だ。 一方で、挫折する人も多くいることが想像できる。情報が多くありすぎて、学び方ひとつとっても様々なことを言っているし、チュートリアルのようなものをやってみても、じゃあ自分で作るなら一体どうすれば良いかわからない。どの言語を選べば良いか、頭でっかちになって始められない人もいるかもしれない。 * * *プログラミングを […]

kintone活用の「納品のない受託開発」事例から考える「ファストSI」そして「オルタナティヴSI」の本当の価値

先月は「Cloud Days」というイベントにサイボウズさんから機会を頂いて、札幌・名古屋・博多と回って講演をしてきました。というのも「納品のない受託開発」でサイボウズさんの「kintone」を活用しているからです。 また各地で併せて「kintone Café」という勉強会で「納品のない受託開発」とコラボしたイベントも開催して頂きました。各地の皆様ありがとうございました。この記事では「納品のない受託開発」でのkintone活用について書きました。 なぜ「kintone」を採用したのか? 「納品のない受託開発」はこのブログでも何度か紹介していますが、月額定額で顧問スタイルでお客様のパートナーとし […]

1 2 3 4 5 6