一括請負による「納品」に縛られた従来のビジネスモデル

情報システムやソフトウェア開発の一括請負は限られた予算と人員、納期(一括納品)遵守の制約のなかで、エンジニアのスキル不足と常態化する過重労働(デスマーチ)によって疲弊しがちである。顧客(ユーザー企業)にとってもいたずらに料金がかさむ割に満足度の低いビジネスモデルである。

ソフトウェア業界の常識をくつがえす「納品のない受託開発」というビジネスモデル

こうした業界の通弊を解決すべく考え出されたのが「納品のない受託開発」。これはユーザー企業と顧問契約を結ぶことによって月額定額を受け取り、納期を廃するソフトウェア開発における常識破りとも言うべき画期的なビジネスモデルである。

ユーザー企業にもエンジニアにもメリットの大きい「納品のない受託開発」

本書はユーザー企業にとってもエンジニアにとってもメリットの多い、ソフトウェア開発のビジネスモデル(納品のない受託開発)を、考案者にして実践者が自ら解説する初めての書。

IT業界、ソフトウェア開発が長年抱えてきた構造的な問題に切り込み、新たなソリューションを提示する。

読者対象は開発企業、エンジニアはもちろん、IT関連ビジネスの経営層、現場担当者、就職学生のほか、起業家、新規事業担当者など。

Amazonで発売中