先日、お知らせしたように「E-AGILITY Conference 2011」第2回にて講演してきました。ユーザ企業からの参加者も多かったようで、昼間のイベントだったということもあり非常にスーツ率の高いイベントでした。

私の講演では、これも先日ブログで書かせて頂いたオフェンシブな開発〜「納品しない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来をベースにして、私自身の自己紹介から、ソフトウェアパートナーシップモデルについて、そして、そのビジネスモデルの先に考えているビジョンについて、お話させて頂きました。発表資料は以下です。(いつものSlideshareが調子わるすぎるので、Scribdというサービスに乗り換えました。)

「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来

当日の私の発表時間が50分程度に対して、50枚近くのスライドを用意しています。途中、プレゼンテーションZenスタイルのスライドも沢山あるので、さくさく進むとはいえ、かなり早口で講演させて頂きました。これは、最近の私のマイブームなやり方なんですが、ブログで詳しい内容は説明しますし、スライドも公開するので、発表の時はテンポを重視してなるべく聞いて楽しく、めまぐるしく進む位で眠くならないように、一種のパフォーマンスとして早口でプレゼンテーションするというのを試しています。参加された方の感想も聞いてみたいところです。

喋りで資料に書いてないところもだいぶ補足していますし、Q&Aを通じてご紹介できた内容もあるのですが、そこはご参加頂けた皆様の特典ということにしておきます。当日の様子はTogetterでTweetをまとめてくださってます。この記事の最後に付けておきましたので、こちらも雰囲気の参考にしてください。15時くらいからが私の発表です。この資料であればいつでも講演しますので、お気軽にTwitterやFacebookなどを通じてご相談ください。メールは kuranuki_at_sonicgarden.jp です。

依田さん、E-AGILITY協議会の委員会の皆様、今回は講演の機会を頂き、本当にありがとうございました。私が今回講演させてもらって一番嬉しかったのは、匠BusinessPlaceの牛尾さんは、お互いがまだ若かりし頃に、私の脳にかかったブレーキを思いっきり壊してくれて、私に外に出て行く勇気を与えてくれた方で、その牛尾さんに「脳のブレーキを壊してくれた」と喜んでもらえたことでした。10年近くかかってようやく恩返しができた気持ちです。ありがとうございました。