ソニックガーデン代表 倉貫義人のサイト

当たり前を疑うことができるか?〜ソニックガーデン2012年のアドベントカレンダー #sgadvent

私たちソニックガーデンの2012年の最後の取り組みとして、「SonicGardenアドベントカレンダー」の企画を行いました。「アドベントカレンダー」と言っても、ソニックガーデンは7人しかいませんし、もう12月も半ばを過ぎていたので、せめて7日間だけやってみようというものです。 テーマは、「ソニックガーデンでは当たり前なんだけど、世間一般では珍しい取り組みや考え方」ということで、プログラマたちから順に書いてくれました。この記事の中で紹介したいと思います。 massive advent calendar / Ambernectar 13   1日目:「お仕事忙しいですか?」と聞かれると返 […]

ビジネスシーンにおいて「年賀状」が大切な理由とは〜ビジネス用年賀状サービスはじめました

そろそろ年賀状の季節ですね。メールやソーシャルメディアが普及するにつれ、個人が「はがき」で送る年賀状の数は年々減少しているようですが、形がかわっても新年のお祝いをメッセージとして送ることは変わらず続きそうです。 ビジネスや会社においても、年賀状はお客さまとの大切な接点のひとつです。ソニックガーデンでは、2012年から新しい形の年賀状(サンプル)を、お付き合いのある皆さまにお送りさせて頂きました。 今回の記事では、ビジネスにおいて年賀状が大切な理由についての考察と、ソニックガーデンでつくったビジネス用年賀状のサービスについて紹介します。 年賀状 #shoot1230 / chidorian なぜ […]

Social Change 〜 ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略( #devlove2012 資料)

12月15,16日に開催されたDevLOVE2012に参加して、講演させて頂きました。記念すべき100回目のイベントということですが、100回も続くのはすごいことですね。 カンファレンスチェアの @papanda こと市谷くんから頂いたオファーは、以下のものでした。 改めて、DevLOVE2012のセッション内容を決めたいと存じます。 内容を決める前に、そもそも、DevLOVE2012に来る人に向けて、このカンファレンスにどういう意味を込めたいかをまとめておきますね。参加者にとって、おおきなカンファレンスではあるものの、DevLOVE2012は、わずか2日間の非日常的な瞬間でしかありません。そ […]

アジャイル導入の壁〜ボトムアップでアジャイルが導入できるのか?

「アジャイルを導入したいんですが、上司や会社に話が通じません。どうすればいいですか?」・・・アジャイルに触れたばかりの人からよく聞く質問です。 先日、Ultimate Agilist Tokyo というイベントに参加させていただき、壇上インタビューという形式で登壇させて頂きました。楽天の藤原さんからの質問に答えるという形で進みます。その中でも「よくある質問」として、この話が出ました。(決して楽天藤原さんが聞きたいと思っている訳ではなくて、こういう質問ってよく出ますよね、という対談です) そのときの私の回答は、ボトムアップでは難しいんじゃないか、というものでした。そのときは時間も足りなかったので […]

エンジニアに求められるコミュニケーション能力とは〜社交性なんてなくたって仕事はできる

エンジニアにとってコミュニケーション能力は必要でしょうか。この話題については、賛否両論あるでしょうし、そもそもコミュニケーション能力とは何かを考えなければいけないでしょう。 私たちの会社ソニックガーデンでは、プログラマの仕事を「ソフトウェアのエンジニアリングすべてに責任を持つ仕事」と定義しています。具体的には、お客さまと対話して要件を引き出すことから、データ構造から画面までの設計を行ったものをソースコードで表現し、クラウドでの運用まで面倒をみるという、ソフトウェアを作って動かす全てを行います。 そう話すと、よく聞かれる質問があって「コミュニケーションが苦手なエンジニアはどうすれば良いでしょうか […]

新規事業における事業計画から始まるジレンマ〜企業内リーンスタートアップが難しい理由とその対策

既存事業を抱える企業にとって、新しい事業の創造というのは、永遠に抱えるテーマです。そのため、新規事業を成功させたいと思う企業はたくさんあるけれど、なかなかうまくいかないのが現実です。 この辺りの問題について、ブレークスルーパートナーズの赤羽さんの書かれた記事もとても参考になります。 中堅・大企業の改革と新事業立ち上げへのヒント ー 日本企業の組織的課題を打破 私たちの会社ソニックガーデンは、もともとは大手企業の社内ベンチャーで始まりました(今はMBOして独立してます)。当時は企業内起業といったところでしょうか。今風にいえば企業内リーンスタートアップだったかもしれません。なんにせよ既存事業をもつ […]

ソニックガーデンにおけるテストの実践〜ソフトウェアテストシンポジウム 2012 九州の講演資料とつぶやきのまとめ #jasst12Q

11月1日に開催された「ソフトウェアテストシンポジウム 2012 九州」にて、講演させて頂きました。 初めての鹿児島で、しかも馴染みの薄いテストのイベントで話すということで、少し緊張していましたが、多くの方にご参加いただき、質問も沢山いただけて盛り上がったので、とても楽しく過ごさせて頂きました。 北九州市立大学の山崎先生、そして事務局の皆さん、呼んで頂きありがとうございました。 講演概要 アジャイルとRuby、そしてクラウドを活用することで、新しいビジネスモデル「納品のない受託開発」を、私たちの会社ソニックガーデンでは実現しました。このビジネスモデルは「サービス型の受託開発」として、IT業界の […]

2012年の年末にかけての講演予定

ありがたいことに年末にむけて幾つか講演依頼を頂いています。 これまでに話してこなかったテーマについて挑戦しようと思っています。 日程が合いさえすれば、今のところ内容でお断りしたことがないので、いつもプレゼン作成に苦労しますが、自分の枠が広がる感じで楽しく講演させて頂いてます。 2012年の年末に向けての講演予定を記載しておきます。もしお話を聞きたいという方いらっしゃれば、ぜひいらして下さい。また、企業内向けのプライベートセミナーもたまにやっています。講演依頼など右下のMessageLeafからお気軽にどうぞ。 アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 アジ […]

おしらせ:MessageLeaf(メッセージリーフ)を正式公開しました

MessageLeafはじめました〜実名ソーシャル時代のインターネットに足りないチャネルを求めて 以前に記事で紹介した「読者が作者へ”想い”を伝えるブログツール」MessageLeafが、ついに正式公開することになりました。 ブログを読んで感動した思いを、コメント欄やメールよりも気軽に、作者に直接伝えることの出来るツールがあれば、ブログを通じた交流が世の中に増えて、より多くの良質なコンテンツが増えると考えました。 MessageLeafは、このブログのようにサイトに設置することで、右下にボックスが表示されて、そこから作者に直接フィードバックを送ることが出来ます。もちろん […]

長く働けるスタイルを大事にするために〜急成長を目指さない「ベストエフォート経営」

こちらの記事を読みました。 逃げろ、そして生き延びろ – インターネットの備忘録 http://d.hatena.ne.jp/hase0831/20121002 頓智ドットを退職した|@suniのブログ「ニートですが?」 http://sunikang.blogspot.jp/2012/10/blog-post.html 読んでるだけで自分も苦しくなるような内容でした。 たしかにベンチャー企業の経営者は、ハードワークであることを奨励する人が多い気がします。世界を変えるとか、上場を目指すとか、短期間で何かを成し遂げようとするならば、残業も厭わずに働き続けないといけない、という訳です。 […]

1 2 3 4 5