ソニックガーデン代表 倉貫義人のサイト

自分にあった会社を選ぶための3つの視点 〜 ビジネスモデル・人数・方向性

もし転職するとしたら、選ぼうとするその会社のどこをみるでしょうか? 私が採用応募の相談を受けるとき、その人にとっては転職になる訳ですが、入ろうとする私たちの会社が本人のワークスタイルやライフスタイルと一致しなければ、お互いに不幸なことになりかねません。 採用というのは、会社側が入りたい方を選ぶのと同時に、入ろうとする人にとっても会社を選ぶという意識が大事です。私は、私の会社を含めて、その人が自分にあった会社かどうかを判断してもらう時に、3つの視点があると話しています。 ひとつは、キャリアに影響してくる会社のビジネスモデル。二つ目は、ワークスタイルに影響してくる会社の人数。最後は、ライフスタイル […]

プログラマの採用のときに見極めるTIPS〜テクニック・インテリジェンス・パーソナリティ・スピード

最近、フットボールネーションというサッカー漫画を読みました。とても面白かったのですが、漫画の感想は置いといて。その漫画で知ったのですが、オランダのアヤックスという古豪のサッカーチームがあるのですが、そこは若手選手からの育成が素晴らしく、特に優秀な若者を集めてくるスカウティングが優れているそうです。 そのアヤックスで優れた選手を選抜する際に見ているのがTIPSと呼ばれているものだそうです。TIPSとは、テクニック(T)、インテリジェンス(I)、パーソナリティ(P)、スピード(S)の4つの頭文字をあわせたものです。(Wikipedia調べ) なるほど、と思いつつ、この4つの視点は、実は私たちが優れ […]

アジャイルになるための3つの行動〜わたしにとっての「Social Change」

先日の9月15日に、日本XPユーザグループ(XPJUG)の主催する「XP祭り2012」が開催されました。沢山の方が参加されて盛り上がったようで良かったです。 XPというのは、”eXtreme Programming”の略で、アジャイル開発の一つです。XPJUGはその日本におけるコミュニティで、私は、僭越ながら2代目の代表をさせてもらっていました。(今は引退してます) 今回のXP祭りでは「ビデオメッセージで参加を」というオファーを頂きました。基調LT(ライトニングトークス)ということで、5分におさまるビデオを作ってみました。 今年のXP祭りのテーマが「Social Cha […]

「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来〜PMシンポジウム2012の講演資料と質疑応答

9月6日7日で開催されたPMシンポジウム2012にて、講演させて頂きました。 なんと2時間半という長い時間を頂いての講演でした。講演の内容は、私の定番の話なのですが、普段はあえて詰めこむ感じで早口で喋るというスタイルをとっているのですが、今回はじっくりとお話させて頂きました。 私自身の自己紹介と共に、ソフトウェア開発ビジネスの世界の問題点をお話したあと、私の取り組んできた考えの変遷をお伝えし、今わたしたちがやっている「納品のない受託開発」というビジネスモデルについてお話をしました。 一旦そこで質疑応答に入り、質疑応答の後、そこから未来に向けての話をして終わるという流れです。 講演資料を以下から […]

おしらせ:ソニックガーデンのウェブサイトをリニューアルしました

小さなソフトウェア企業でも出来るマーケティング・コミュニケーションのやりかた こちらの記事では、これからは企業からの情報発信、それも商品情報やサービス内容だけを紹介していくのではなく、中で働く人の考えや姿勢を出していくことが、マーケティング・コミュニケーションの上で大事になってくると書きました。 そこで、私たち自身も、それをより実践していこうということで、自社のウェブサイトのリニューアルを行いました。こうした実験をしてみて、その結果をまたフィードバックしていこうと思っています。 今回のリニューアルのポイントは、「ブログ」をウェブサイトの中に組み込んでしまったところです。ブログですが、ひとりや個 […]

小さなソフトウェア企業でも出来るマーケティング・コミュニケーションのやりかた

「マーケティング」というと難しく聞こえるかもしれません。よくあるCMや広告もマーケティングのひとつです。なので、大手企業だけがするものだと思ってしまっている人たちもいるかもしれません。しかし、実はそんなことはありません。 小さな会社であってもマーケティングは出来ます。むしろ、小さくてもしっかりとマーケティングをしている会社は、ブランド力をもち、ファンがいて、利益を上げることが出来るのです。たとえば、”Ruby on Rails”を作ったDHHのいる37signalsという小さな会社は、世界でもっとも有名な成功事例でしょう。 私たちソニックガーデンも小さなソフトウェア企業 […]

書籍『チケット駆動開発』が出版されました

本書は、チケット駆動開発(TiDD)についての小川さんと阪井さんによる書籍『Redmineによるタスクマネジメント実践技法』に続く、第2弾となる書籍です。出版おめでとうございます。 本の出版にあたって、チェンジビジョンの平鍋さんとともに、私も「まえがき」を書かせてもらいました。こちらの記事でも掲載しておきます。 チケット駆動開発 『チケット駆動開発』まえがき チケット駆動開発を実践するようになると、それ以前の開発がどうしていたのか思い出すのも困難になってしまいます。それほどチケット駆動開発は、ソフトウェア開発の現場にフィットするし、プロジェクトの進め方のスタンダードを変えてしまうものなのでしょ […]

離れた場所で働くチームのつくり方〜1年間のアイルランドでの実践で学んだこと

『国境なきプログラマ』を目指す~ノマドワークの究極のかたち ちょうど1年ほど前に、こんなブログを書きました。ソニックガーデンのプログラマが単身、アイルランドのダブリンに1年間滞在しつつ、日本の仕事をしながらも、現地で生活をおくるという内容です。 こちらの記事で紹介した、ダブリン生活にチャレンジしてきたプログラマの maedana がつい先日、無事に日本に帰ってきました。 日本との時差9時間の中で、1年間1度も日本に帰ることなく、リモートで働いてもらったのですが、結果としては、大きな問題はなく、概ねうまくいったと言ってもいいでしょう。 この記事では、そのアイルランドのプログラマと日本のプログラマ […]

はじめの一歩を踏み出そう〜私のアジャイルとの初めての出会いと、人生を変えたきっかけ

今回の記事は、UltimateAgileStories2というアジャイルに関する同人誌に寄稿した記事を転載します。 UltimateAgileStories2は、今後アジャイル関連でのイベントでの頒布を予定しているとのことで、頒布の情報は、http://ultimateagilestories.blog.fc2.com/ にて告知されるそうです。(本誌の頒布により得られた利益は、全額、東日本大震災の被災地支援として寄付されます) 私以外にも沢山の方が記事を書かれていますので、ご興味のある方はチェックしてみてください。今回、私の寄稿した記事は、アジャイル開発に関わるきっかけになった話について紹介 […]

伝えなければ伝わらないという当たり前の話

ソフトウェア開発プロジェクトをとりまく6つの誤解〜プログラミングを経験しないとわからないこと こちらの記事が、ただのエンジニア側のあるあるネタで終わってしまうのは本意ではないので、この記事で少し補足しようと思います。 まず結論から。ソフトウェア開発の関係者がプログラミング経験がないからといって、無駄な作業や無茶な計画が立てられるのは双方にとって不幸なので、プログラミング経験のある本当のプロならば、その特性について、きちんと説明をして、そもそもから理解をしてもらい、お互いにとってハッピーなソフトウェア開発をしましょう。ということです。 Bullhorn for Mideast Peace / I […]

1 2 3 4 5