一生のうちに取り組めるサービスやソフトウェアの数は限られてるので、本気で情熱をもって取り組める事業だけに絞る位でちょうど良いのかもしれない。

2012年03月03日