ワークタイムにしっかりと成果を出すために、気力と体力を充実した状態にすることが、休むことの本質だ。そうならば、ただ時間と曜日だからと杓子定規に考えず、どうすればベストなパフォーマンスを出せるのかを自分で考えて休みを取ればいいし、仕事をしたって構わない。それもセルフマネジメントだ。

2014年11月30日