どんな機能がいるか、その前に、その機能で何がしたいのか、その前に、何のためにその機能がいるのか、そのさらに前に、そもそも何に困っているのか、を知らないと、良い設計にならない。

2012年03月05日