やっぱりお客様の顔が見えて喜ばれるシステム開発が好きだし、プログラマがお客様から直接に感謝されるような環境を作り出したい。そこは根底にある。同時に、グローバル化する世界とどう戦っていくかを考えている。

2011年02月04日