ユーザの行動を良く観察すると、ユーザインタフェースのよくないところに気がつけるようになる。それをどう直していくかは、作り手のアイデアが必要なところ。

2010年11月18日