クラウドにしろリモートワークにしろ、新しさには必ず批判的な意見も出る。ただ、新しい技術や考え方が広まるときに、これまでの何かが失われることを嘆き残念に思うよりも、その上で何ができるのかを考えた人たちが歴史を作ってきた。失うものを恐れないものだけが生き残ることができる。適者生存だ。

2015年01月19日