コミュニケーションのツールが多様化している現代だからこそ、それぞれのツールにあわせた表現を考えたい。リアルタイムな会話なら、多少の失礼な表現があっても許しあえるかもしれないが、メールのようなタイムラグがあるものは、相手の状態も反応も見えないから、粗野に振る舞わない方が良いだろう。

2014年12月01日