開発やビジネスの目的としてアジャイルをすると失敗する。顧客の価値や開発者の成長を志向した結果、姿勢としてアジャイルであったと思われるようになるのが理想。それを目指したい。

2011年01月13日