創業には、共同創業者パートナーが必要というのがよくわかる。一人では外からの色々な言葉を受けても、芯を保ち続けるのは難しいときもある。

2010年11月18日