ソニックガーデン代表 倉貫義人のサイト

自律型のリモートチームがチームワークの質を高めるためにやってきた3つの取り組み

私たちが提供している「納品のない受託開発」というサービスでは、お客さまの「顧問プログラマ」という形で、顧問税理士や顧問弁護士のようにずっとパートナーとして、ビジネスの成長を技術から支える仕事をしています。 そして、リモートワークを推奨していたり、セルフマネジメントを主体とした「管理のない会社経営」を標榜していることもあって、私たちソニックガーデンは一匹狼の集まりのように誤解されることもありますが、決してそんなことはありません。 顧問弁護士や顧問税理士のような「顧問プログラマ」という仕事と働きかた 「管理」をなくせばうまくいく〜自律型組織をつくる新しいマネジメントのスタイル 実際のところ私たちの […]

自律的に動ける人を育てるためにワークレビュー(ふりかえり)でメンターが気をつけていること

私たちソニックガーデンは「セルフマネジメントな人材とフラットな組織」を目指しています。そのために私たちが人材育成で行っているのが、徒弟制度であり、メンターによる弟子の「ふりかえり」を通じた指導です。 一般的な「ふりかえり」と違うのはチーム全体でするのではなく、弟子にふりかえりをさせて、その結果をレビューします。そのため「仕事の仕方」をレビューするということで「ワークレビュー」と呼んだりもします。 自律的に現場を改善できるチームをつくるための「ふりかえり」の進め方 〜 KPTと進め方のノウハウ 上記にあるように以前にも「ふりかえり」の進め方について書きました。今回のこの記事では、ふりかえりをレビ […]

極端なリモートチームでも合宿をする理由 〜 インターネット禁止の夜通しダイアログやってみた

私たちソニックガーデンでは、在宅勤務などでリモートワークをするメンバーが多数います。「いつでも、どこでも働ける」というのが私たちのワークスタイルの基本で、時間や場所に縛られずに働くことを大事にしています。 そんなリモートチームの私たちも、半年に1度は顔を合わせて合宿を行います。この記事では、なんでもリモートで解決してきた私たちがどうしても半年に1度は合宿を行っている理由について書きました。 なんでもリモートで出来るチーム 私たちの場合リモートワークといっても、それぞれが自分の仕事をまっとうするだけの関係ではなく、チームとしてお互いに相談し合いながら仕事を進めていきます。だから、普段から同じ部屋 […]

リモートチームのメンバーが気をつけている常識ではありえない4つの習慣

リモートチームとは、物理的に離れた場所で働きつつもチームワークを発揮して、チームで助け合って成果を出していく働きかたです。私たちソニックガーデンでは、リモートチームを5年以上続けてきました。 この記事では、私たちが経験から学んできたリモートチームを実現するときにメンバーが気をつけておくと良いだろうと思う4つの習慣について書きました。 1)仕事に関する「雑談」をして連帯感を出す習慣 チームビルディングの第1歩は、チームを構成するメンバーをお互いに仲間だと認識することから始まります。それはたとえリモートチームであっても同じことです。 もしオフィスにいれば、飲み会や食事の機会があったりして、お互いの […]

気の合う仲間と働けることがリモートワークをやって本当に良かったこと 〜「リモートチーム」という働き方の再発明

私たちソニックガーデンでは、場所は離れているけれど一緒に働くというワークスタイルを5年以上もの間、続けてきました。今では当たり前のようにリモートワークをしながら、チームワークを発揮して仕事をすることができるようになりました。 そんなチームでのリモートワークの働きかたを「リモートチーム」と呼んでいます。この記事では、リモートチームを続けてきて実感している本当のメリットは何かということについて書きました。 リモートワーク x チームワーク = リモートチーム 一般的に「リモートワーク」というと、在宅勤務やノマドというイメージで、一人で完結する仕事をするイメージがあるかもしれませんが、私たちはチーム […]

資料を公開しました:リモートワークに本当に必要だったものとは 〜 その本質と働きかたの未来

先日、「リモートワーク」に関するイベントで話をする機会を頂いて、発表してきました。その時の発表資料を公開します。 今回のプレゼンテーションでは、”Prezi”というサービスを使ってみました。全体から詳細に流れるように見えるので、スライドだけよりも伝わりやすいのかな、と感じました。 とはいえ、プレゼンテーション資料だけでは伝わりきらない部分があると思うので、いずれこのブログで文章にしたいと思います。 リモートワークに関する問答 イベントでは、パネルディスカッションにも参加させてもらいました。そこで用意された質問テーマと、それに対する私の考察も残しておきます。 1) リモー […]

熟練の技術者だけが知っている効果的に成長するための「努力の指針」とは

Hands on The Sword BW / goooder 最近、若い技術者を一緒に開発しながら育てています。若者たちが一人前になるためには、勿論しっかりと努力をしなければいけませんが、ただし闇雲に頑張るよりも指針があったほうがいいでしょう。 その視点でベテラン技術者たちを観察すると、効果的な努力の仕方があることに気づきます。この記事では、熟練の技術者たちが日常的にやっている「努力の指針」について考えました。 品質:価値判断を増やすためのレビューを受ける 何よりもまず身に付けるのは、基礎体力です。体力といっても肉体的な意味ではなく、その仕事における基礎的な力のことです。たとえばプログラミン […]

新規顧客の獲得より既存顧客を大事にするマーケティングでチームは強くなる

前回の記事では、私たちが「納品のない受託開発」で、お問い合わせからの新規顧客を獲得するためのマーケティングについて書きました。 しかし新規顧客の獲得は、実はそれほど重視していません。私たちが本当に大事にしているのは既存顧客との関係です。この記事では、新規顧客の獲得より既存顧客を大事にするマーケティングの本質について書きました。 新規顧客の獲得より既存顧客を大事にする 多くの企業において、マーケティングとは新規顧客の獲得をすることだと考えがちですが、私たちは既存顧客と向き合うことこそがマーケティングだと考えるように発想を逆転させました。 私たちが急拡大をしないのは、既存のお客さまへのサービス品質 […]

リモートワークの誤解を解く「リモートワークは孤独感を生む」は本当か?

私たちソニックガーデンでリモートワークを始めて早くも3年以上が過ぎ、もはや私たちにとってリモートワークは当たり前の日常になりました。 今回の記事では「リモートワークは孤独感を生む」というよく聞く意見について、私たちの経験をふまえ考えてみました。 リモートワークとクラウドソーシングは違う 多くの人が考えているリモートワークに対する大きな誤解は、「リモートワークをすると孤独感で辛くなる」というものではないでしょうか。 そして、この誤解を生み出した大きな原因は、リモートワークとクラウドソーシングを混同してしまっている点にあると、考えています。 確かに、インターネット越しに仕事の発注と受注が出来るクラ […]

「仕事ができる人」になるための今すぐ変えたい3つの行動

Speeding Pinscher / PincasPhoto 仕事を頼んだときに、この人に任せたら大丈夫そうだな、と感じる人がいます。これまで出会ってきた仕事を任せていいと思える安心感のある人たちには、共通の行動があったように思います。 この記事では、仕事ができる人に共通していた、安心して仕事を任してもらえるようになるための3つの行動について書きました。 行動1:すぐにサッと動く ちょっとした仕事をお願いしても、何事も大袈裟にしてしまう人がいたら、そんな人には仕事は頼みにくいものです。ちょっとしたことをお願いしたときは、サッとやってもらえたら、仕事をお願いする方も気持ち良く頼むことができます […]

1 2 3 4 5 6