内発的動機を活かす組織のつくり方。適材適所が一番の肝。好きなことよりも得意なことで貢献できるように。苦手なことは諦めて補完しあう。減点評価をしない。アメとムチを使わない。失敗しても怒らず、なぜ起きたか徹底的に考えさせる。指示はしないが期待は伝える。常識は伝えるけれど良識に任せる。

2016年11月26日