新しい考え方や手法など広めたいとしても、なるべく古いやり方を否定すべきではない。それまでやってきたことが否定されるように感じると反発してしまう。むしろ頑なになりかねない。実際のところ、古いやり方はいずれ淘汰されるにせよ、まずは否定せずに新しいやり方も試してもらう位が現実的だろう。

2016年11月15日