書評:企画は、ひと言。〜アイデアを生み出し、実現するたったひとつのコツ

私はよく「ナレッジワーカー」について話をします。マニュアル通りにする仕事は、新興国やコンピュータにとって代わられて、これから生き残る仕事は「ゼロからイチを作る仕事」や「誰かの難しい問題を解決する仕事」になると考えています。それがナレッジワーカーの仕事です。 ナレッジワーカーの時代になったとき、働く人たちは皆、常に新しいことを考えなければいけなくなります。アイデアを出して、実現することが仕事になります。そうしたときに必要になるのが企画力です。 そんな「企画」という仕事を考える時に、たまたま見つけたのが本書です。とても読みやすく、スッと読むことができました。 アイデアを生み出し、実現するたったひと […]

書評:システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

私の書いた『「納品」をなくせばうまくいく』の発売とほぼ同時時期に発刊されたのが、本書「システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?」です。なかなか刺激的なタイトルです。 日本のIT業界のうち、とりわけ受託開発の世界についての問題意識を書いた本が同時期に出たのは何かの縁を感じますし、もしかしたら多くの人が同じように問題意識を持っていて、その数が一定数を超えてきた証かもしれません。 この記事では、本書「システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?」を読んでの感想と、気になったポイントを紹介します。 システムインテグレーション崩壊 ~これか […]

「納品」をなくせばうまくいく・・・増刷しました&電子書籍の提供が開始されました

『「納品」をなくせばうまくいく』が増刷されました。読者の皆さま、本当にありがとうございます。多くの皆さまに読んで頂いて、本当に嬉しく思います。そして、お待ち頂いていた電子書籍での提供もようやく始まりました。電子書籍版は少しお安くなっています。 「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識”を変えるビジネスモデル posted with amazlet at 14.06.12 倉貫 義人 日本実業出版社 売り上げランキング: 469 Amazon.co.jpで詳細を見る

2014年7月〜9月に登壇させて頂くイベント・講演の予定

書籍『「納品」をなくせばうまくいく』の出版もあって、ありがたいことに講演やトークイベントでお話させて頂く機会をたくさん頂いています。オープンなものも、プライベートなものもありますが、オープンに募集がかかっているものについては、こちらの記事でまとめていくことにします。 コミュニティ主導のオープンなイベントであれば、地方でも場合によっては手弁当で伺います。社内などのプライベートなセミナーなども都合がつけば登壇させて頂くことも可能ですので、詳しくはお問い合わせください。 7/3(木)東京→無事終了しました! ビール片手にプログラマーを一生の仕事にするために出来ることを考えてみませんか? (07月03 […]

書籍を執筆しました〜「納品」をなくせばうまくいくーソフトウェア業界の“常識”を変えるビジネスモデル

2014年6月12日に、拙著 「納品」をなくせばうまくいくーソフトウェア業界の“常識”を変えるビジネスモデル が発売となりました。 「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識”を変えるビジネスモデル posted with amazlet at 14.06.12 倉貫 義人 日本実業出版社 売り上げランキング: 469 Amazon.co.jpで詳細を見る

不惑:惑わず生きていくために30代で身につけておきたい4つの悟りと経験

「不惑」とは、「四十にして惑わず」という、かの有名な孔子の言葉らしいですね。 色々と迷いながら生きてきたとしても、40歳くらいになったら惑わずに生きたいものです。惑わずに生きていくために、30代までのうちに気付き、その気付きからこうした経験を詰んでおいたら良いんじゃないかと思うことを、今回は記事にしました。 As Far as the Eye Can See / “Caveman Chuck” Coker 絶対にうまくいく正解などない もしも新しいことに挑戦しようとするときや、これまで経験したことのない未知の領域に取り組むとき、若いうちは、つい正解や正しいやり方を求めようとしていました。 そう […]

書評:強いチームはオフィスを捨てるー37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」 posted with amazlet at 14.03.20 ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 早川書房 売り上げランキング: 1,261 Amazon.co.jpで詳細を見る 本書は、”Basecamp”や”Ruby on Rails”で有名な「37signals(現在はBasecampに改名)」というソフトウェア企業によるリモートワークに関する指南書です。 ちょうど、私たちもリモートワークを実践していて、その記事を書いたところです。 リモートワ […]

高速で無駄のない開発をするチームのための”7つ道具”

先日、Websigさんで講演する機会を頂きました。当日の様子はTogetterまとめもあります。 WebSig会議 vol.34「Webディレクター必見!プロジェクトを成功に導く、オンラインツール活用トラノマキ2014」開催! 今回のテーマは「オンラインツール」ということで、私たちソニックガーデンで使っているツールについて、実際の案件と社内で使っている様子をもとにお話してきました。 「プロダクト開発」「セールスプロモーション活動」「社内ナレッジ蓄積」の3つの切り口で話すということでしたが、「セールスプロモーション活動」については、とりたてて目新しいツールを使っている訳ではないので、今回はパスし […]

製品から商品、商品から事業、事業から組織へ

2014年の新年の抱負を考えました。 2014元旦日の出3 / nontaw 「製品つくり」から「商品つくり」へ 2014年の前半で、株式会社ソニックガーデンをはじめて丸々3年経つことになります。社内ベンチャー時代から考えると5年です。 社内ベンチャーのソニックガーデンは、自分で開発をしたSKIPという社内SNSを販売するところから始まったので、最初の頃は私は「製品」を作ることに注力していました。プログラマでもあった私は、良い機能を作ることが重要だと考えていました。しかし、それではまだビジネスとしては駄目で、始まってもいませんでした。もちろん、売上などたつ訳がありません。未熟だったと思います。 […]

2013年のふりかえり

12月にひとつも記事を書かずに終わってしまいそうなので、2013年をふりかえって書いてみます。 2013年前半 2013年の前半の最初のトピックスとしては、ソニックガーデンに新しいメンバーを迎えたことがあります。若干19歳(当時)の元恒と、起業経験のある遠藤の2名です。少ない人数でやっているソニックガーデンで、2人が入るということは、それなりのインパクトです。ソニックガーデンにどういった変化をもたらすのか、カルチャーは維持できるのか、いろいろと不安な面もありましたが、今ふりかえってみると、彼らはジョインしてくれたことで良い影響を与えてくれたと思います。 ソニックガーデンとしては初のiPhone […]

1 2 3 4 5 6 7 8 12