ソニックガーデン代表 倉貫義人のブログ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 39
Webマーケティングメディア ferretで取材を受けました『通勤も管理職もないのに、業績好調! 先端企業に教わる、今すぐ個人が身につけるべき力』

Webマーケティングに強くなるメディア ferret にて、取材を受けました。 今回の取材先は「通勤も管理職もない開発会社、しかも業績は好調!」と聞いて、一瞬、頭の中がパニックに。社員は一体どうやって仕事をしているんだろう? オフィスがないって、どういうことなんだろう…? 取材先の企業の名前は、株式会社ソニックガーデン。代表取締役・倉貫 義人氏に疑問をぶつけてみると、エンジニアに限られた話ではない、身につけるべきスキルやこれからの働き方のヒントが見えてきました。 通勤も管理職もないのに、業績好調! 先端企業に教わる、今すぐ個人が身につけるべき力

「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」を円滑に運営するための実践的なノウハウ(ファシリテーターしたい人向け)

「アクティブ・ブック・ダイアローグ(以下ABD)」という読書会が注目されています。準備なしで参加でき、短い時間で1冊の本を把握でき、それをネタにおしゃべりできる新しいスタイルの読書会です。 準備なし、宿題なし、購入なし、手ぶらでOKの読書会「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」 私の書いた「管理ゼロで成果はあがる」でも、ABD向けにゲラ無償提供を実施しています。詳しくはこちら。 私自身も何度かABDに参加させてもらう機会を頂きました。おそらく今の時点で、日本で一番たくさん自分の本のABDに参加した著者ではないかと思います。いくつも参加してきて思うのは、ABDが成功するかどうかはABDファシリテ […]

ビジネス書を出版するまでの道のり(本を出したい人のための参考に)

先日、単著としては3冊目となる「管理ゼロで成果はあがる」を出版しました。 「本を書くのはどれくらい大変ですか?」「どうしたら本を出せますか?」そんな質問を受けることがあり、私のケースですが備忘録もかねて、ビジネス書を出したい人の参考になればと書いておきます。 書籍を出版するまでにはいくつかハードルがあります。 出版社から出す商業出版の場合は、(1)まず出版できる機会が得られるかどうか。(2)次に出版の企画が通るかどうか。(3)最後に出版できるだけの原稿が書けるかどうか。あとハードルではないけれど大変なことの一つが、(4)書いた後の編集〜校正作業です。 実際は、ビジネス書を出しただけでは売れるわ […]

クラシコムジャーナルで取材を受けました『「斜め上」は目指さない!クラシコム社外取締役・倉貫義人と考える新たな環境で成果を出すためのステップ』

『北欧、暮らしの道具店』を運営する株式会社クラシコムのメディア「クラシコムジャーナル」にて、取材を受けました。 自分らしさを失わず、新しい環境でも高い価値と成果を出していく。 約半年前から社外取締役としてクラシコムの経営へ関わってくださっている、ソニックガーデン 代表取締役の倉貫さんへ私、クラシコム 人事の筒井が感じた印象です。 大きな期待は持っていたものの、社外からスペシャリストを招き入れるという新しいチャレンジにドキドキ緊張していた私たち。しかし、倉貫さんはクラシコムの中に自然とすっと溶け込み、今ではすっかり私たちの心強い味方として日々を支えてくれています。 そこで、今回は倉貫さんがしなや […]

再現性に基づいた成果をあげるフレームワーク「管理ゼロで成果はあがる」講演資料(抜粋版)

先日の要求開発アライアンスでの出版記念講演で使った講演資料を公開します。見やすいように抜粋版として画像にしてみました。その際のTwitterでのまとめはこちら。 自己紹介はサッと飛ばして・・・以下が本編。 「管理ゼロにしましょう!」とは書いてない。「マネジメントの本質について考えましょう」と書いてある。マネジメントを突き詰めることで結果として管理ゼロでも大丈夫になるのです。では、そのために何をするのか? これだけの盛りだくさんな実践できる取り組みを紹介している。どんなチームでも個人でも、できることがあるはず。この中から抜粋していくつかの章を要約して紹介します。 ここからは、第2部の自律性を高め […]

ITmedia ビジネスオンラインに寄稿しました『どのようにすれば“いい人”を採用できるのか ポイントは4つ 』

ITmedia ビジネスオンラインの提供する「#SHIFT」に、『どのようにすれば“いい人”を採用できるのか ポイントは4つ 』というテーマで寄稿しました。 どのようにすれば“いい人”を採用できるのか ポイントは4つ (1/7) – ITmedia ビジネスオンライン https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/21/news008.html  管理のない自己組織化されたチームの話をすると「信頼関係が重要ですね」と言われますが、ごもっとも。そもそも信頼関係のない人と一緒に働きたいとは思いません。しかし、多くの会社では、入社時点で […]

PHPオンラインに寄稿しました『「評価も上司もない」自由な企業こそ成長している現実』

PHP研究所の運営する「PHPオンライン衆知」に、『「評価も上司もない」自由な企業こそ成長している現実』というテーマで寄稿いたしました。 「評価も上司もない」自由な企業こそ成長している現実 | PHPオンライン 衆知|PHP研究所 https://shuchi.php.co.jp/article/6053 株式会社ソニックガーデンの創業者で代表の倉貫義人氏が注目を集めている。その理由は、異色の経営手法にある。 「上司なし・決裁なし」「経費は承認なく使える」「休暇は取り放題」「給与は一律、賞与は山分け、評価制度なし」「売上目標やノルマはなし」「働く時間も場所も縛りなし」「副業OK」……と、&#8 […]

管理ゼロの経営が事業に与えるシナジーとは? 〜「事業の成長」と「新しい組織」の両立

先日、ティール組織やホラクラシー に通じる経営スタイルを追求している「自然経営研究会」の開催するイベントのパネルディスカッションで登壇する機会をいただきました。ありがたいことです。 オンライン参加も含めると200人以上が参加ということで、新しい組織や新しい働き方への関心が非常に高まっているのだと感じました。 「ティール組織の組織運営実態調査」に関するプレスリリースも出ており、前半は調査結果に関する考察も発表されました。以下が、そのときに使われていた資料です。なかなか興味深いですね。 “事業の成長”と”新しい組織”の両立 私の登壇は後半で「&#82 […]

現代ビジネスに寄稿しました『職場の「ホウレンソウ」は時代遅れ、会社は「ザッソウ」で強くなる』

講談社のオンラインメディア「現代ビジネス」に、『職場の「ホウレンソウ」は時代遅れ、会社は「ザッソウ」で強くなる』というテーマで寄稿いたしました。 『職場の「ホウレンソウ」は時代遅れ、会社は「ザッソウ」で強くなる』https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59797 従来、ビジネスの現場では、「ホウレンソウ」の重要性が語られてきた。しかし、そうした発想はもう古くなっている可能性が高いーー。これまで、オフィスの廃止、マネージャー層の廃止などなどユニークな取り組みを成功させ、「働きがいのある会社2018」で5位入賞したソニックガーデンの社長・倉貫義人氏は、「ホウレンソ […]

「管理ゼロで成果はあがる」感想やブログまとめ

2019年1月24日に技術評論社から発売された「管理ゼロで成果はあがる」が、おかげさまで発売から2週間で重版がかかりました。手にとって頂いた皆さん、本当にありがとうございます。 人生の100%を楽しめる組織を作る“究極のマネジメント”とは 「上司なし・決裁なし」 「経費は承認なく使える」 「休暇は取り放題」 「給与は一律、賞与は山分け、評価制度なし」 「売上目標やノルマはなし」 「働く時間も場所も縛りなし」 「副業OK」 最高に自由に働いて成果を出し続ける会社の実体験に基づくメソッドや考え方を 「生産的に働く」「自律的に働く」「独創的に働く」の3つのステップに体系化。 「組織として […]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 39